診療案内


1. 西洋医学

 

小児科は急性疾患である「感冒」を診察することが殆どです。その感冒の主原因となるウイルスをターゲットとした臨床ウイルス学を私は学び、RSウイルスが私の研究テーマでした。
臨床研究を重ねていく過程で、「感冒」ウイルスの見方を習得し、それぞれのウイルスの迅速診断キットを用い、10分以内にベッドサイドで結果の出る自動血球計数CRP測定装置の白血球数、白血球の分画、血小板の数、CRP(炎症反応の指標)と流行状況から感冒のウイルスをかなりの確率で早期に特定できます。
ウイルスの特定ができると治療法が違ってくるのです。
 

臨床現場でどの様にこれらの検査法を活用していくのか、計測器の会社Horiba様のインタビューを受けた時の内容をPDFにお示します。

また、「小児の感冒でママ達が知って応用して欲しい知識」ブログに書きました。

ご参考になれば幸です。


2.東洋医学(漢方)

 

保険適用となっているツムラとクラシエのエキス製剤を使用しての診療です。
煎じ薬は使用しておりません。

 

最近私は日本漢方の過去、現在、未来を提示したセミナーに出席して、日本漢方の明るい未来を見ることが出来ました。
その漢方を使用することにより、小児では気管支喘息滲出性中耳炎の根治治療に栄養療法とともに用い、良い成績を上げております。

 

クリニックでの気管支喘息に対する取り組み方ブログを参照して下さい。

また、伝染性軟属腫などの疣贅(イボ)も漢方が威力を発揮します。

 

成人では、アレルギー性鼻炎、生理痛、不定愁訴などに奏功します。

 

 

以上の診療は保険診療で行なっています。

 

また、以下の治療法は2019年4月から実施する自由診療にも取り入れて、治療を行なっています。



 

3.栄養療法

 

すべての治療法の上位に位置するのが栄養療法とクリニックでは考えております。
We are what we eat. →We are what we digest.


食物の栄養は、人種、文化、体質に関与する遺伝子、年齢、腸内細菌叢、病態の違いなどで何が必要か、何が不足しているかが異なってくると思います。

一律にこの栄養療法が適応となると考えるのではなく、個人に合わせた栄養療法を提案するため、クリニックでは遅延型アレルギー検査(食物過敏)毛髪ミネラル検査をお薦めしています。
(クリニックでこの検査は施行しておりますので、ご相談ください)
 

最近、腸内細菌叢の重要性が大きく指摘されてきており、この細菌叢(いわゆる善玉菌)がビタミンの供給、食物繊維の消化、短鎖脂肪酸の産生、解毒など消化管の機能に全て関わってきていることが分かってきています。

食べても食物を消化(digest)出来ない、そして吸収出来ない腸を抱えていれば、全ての疾患に繋がってくると考えられます。

"All disease begins in the gut." — Hippocrates

 

基本的には遅延型アレルギー(食物過敏)の原因であることの多い小麦製品除去、乳製品除去、 更に糖質制限をベースにして頂いて、メディカル・アロマオイルやプレビオティクス、プロバイオティクス等の腸内サプリメントを組み合わせて腸内環境の改善を最初に図ります。



4. ホモトキシコロジー

 

気管支喘息、アトピー性皮膚炎、滲出性中耳炎、疣贅などの補助的な治療法、さらに自由診療で導入する点滴療法にも用いております。


5. フラワーエッセンス

    メディカルアロマオイル

 

潜在意識に働きかける花療法(Flower Remedy)の中で、バッチのフラワーエッセンスを使用してトラウマ、ストレスなどに対応しております。

 

また、メディカルアロマオイルを導入し、風邪症候群、感冒性胃腸炎、伝染性膿痂疹などに用いております。

更に、ママ達がアロマオイルを家庭の救急箱として用い、自宅で普段からお子さんの身体のケアができるよう、アロマオイルの講習をクリニック主催で随時開催しています。

 

6. 活法整体

 

手技によるエネルギー療法、催眠誘導からのストレスプレッシャー解放療法を必要な方には随時行っております。


7. NLP(Neuro-Linguistic Programming)

 

コミュニケーションスキルを学ぶことにより、人間関係が円滑になり、より深い信頼関係を築くことができる技法です。
この技法を身につけることで患者さんとのラ・ポール(精神的交流)が円滑になり治療法として取り入れております。
 

 

 

(C) 2015 Yui Clinic. All Rights Reserved.